「AviUtl」で動画の編集(カット・結合)[1]


「AviUtl」のインストール

「AviUtl」で動画を編集

[1]「AviUtl」ダウンロード・インストール
 1.こんな場合に使う
 2.ダウンロード
 3.AviUtlでAVIファイルが読み込めない(状態)
 4.AviUtlでAVIファイルが読み込めない(確認
 5.プラグインを追加する(対策)
 6.コーデックを追加する

[2]使い方    [準備中]
[3]応用(1)  [準備中]
[4]応用(2)  [準備中]

 AviUtlは,動画ファイルの編集ができるツールです。自ら作成した動画やダウンロードした動画の一部分の「切り出し」や「カット」,動画と動画を「結合」したりすることが可能です。

 さらに,フィルタ機能により,「ノイズ除去」や「色調補正」等もOK。

 また,この「AviUtl」には多くのプラグインがあり,機能を拡張することができます。

 
AviUtlは名前の示すとおり<AVI>ファイル専用だが,上記のプラグインを使うことにより多くのファイルを編集できる。


こんな場合に使う!

 その一部を紹介すると・・・・

[編集]
・動画からCM部分(不必要な部分)をカット
・複数の動画の結合

[変更・補正]
・サイズの変更
・ノイズを除去
・クリッピング&リサイズ
・画質補正,色調補正
・音量の調整,最大化
・音ズレの補正

[合成・音声編集]
・動画と音声を合成
・動画に新たな音声の追加
・音声部分のみの取り出し

[変換]
・コーデックによるフォーマット変換
・ニコニコ動画投稿用動画の作成

[作業の簡易化]
・複数の処理Eを自動化できるバッチ処理(バッチ出力)
・設定を保存できるプロファイルの利用

起動するとこんな感じ

 シンプルだけど,脱いだらスゴイそうです?とにかく,フリーの動画編集ツールとして,かなり定評があり,多く使われているようです。





では,インストールしてみよう!


[手順1]「AviUtl」のダウンロード

下記のサイトでダウンロードする。

ダウンロード(作成者のサイト)  
   ↓
 AviUtlのお部屋









[手順2]「AviUtl」ファイルを解凍する



3つのファイルが出来る。フイルムのアイコンが本体。
これで,完了。

aviutl.exe : 本体
aviutl.txt : 説明(Readmeファイル)
aviutl.vfp : プロジェクトファイル・リーダー(プラグイン)




[手順3]「AviUtl」を起動する

 アイコンをダブル・クリックして起動する。



終了してみると



起動すると,3つのファイルが出来る!

aviutl.ini   : 設定保存ファイル
aviutl.sav   : 出力設定保存ファイル
デフォルト.cfg : プロファイル


[手順4]試しに「AviUtl」を使ってみる

1.テスト用動画AVIファイルを入手する。

 例えば,「Craving Explorer」で,YouTubeファイルをAVIに変換してダウンロードしてみた。

 この方法は<「Craving Explorer」で動画を一度に保存・変換[2]>を見てください!


2.「AviUtl」に動画ファイルを読み込む。

<ファイル → 開く> または,<ドラッグ&ドロップ> でファイルを読み込んでみると,・・・・



ファイルを読み込むことが出来ない!


3.「AVI」ファイルが読めない理由は?

 AVIファイルの中身を「真空波動研SuperLite」で調べてみると



 中身は AVI (MPEG4 V2 + MP3) と言うことがわかる。どうも,このAVIファイルは,このままでは読み込むことが出来ないようだ。

 このファイルを読み込むにはプラグインが必要らしい!


[手順5]プラグインを追加する!

 プラグインは,いろいろなタイプがあるが,この場合は「入力系」のものを選ぶ。要するに,文字どおりファイルを読み込むためのプラグイン。拡張子が「aui」となる。

 ここから,ダウンロードする!
   ↓
 「AviUtl実験室

 ここでは,いろいろなファイルを読むことが出来る「DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl」を使ってみる。

 ただし,「AviUtl実験室」でそれぞれファーマット専用のプラグインの使用をすすめている。






 解凍すると,下記のフォルダが現れる。



その中のファイル

ds_input.ini  : 設定保存ファイル
ds_input.aui  : プラグインファイル
読んでね.txt  : 説明(Readmeファイル)

この上記2つのファイルを,本体のプログラムフォルダに一緒に入れる。これで,プラグインの追加が完了。


「AviUtl」起動して,確かめてみる!



DirectShow File Reader プラグイン」が追加されているのが分かる。



 これで,いろいろなフォーマットのファアイルを読み込む準備が出来た。


[手順6]コーデックを追加する!

 上記のプラグインで,ファイルを読むこと出来たが,編集後,再圧縮する場合,コーデックが必要となる。

「ffdshow」や「CCCP」を インストールしておくと便利だ。

 FLV・AACファイルをWMPで再生出来るようにもなる「CCCP」のインストールは下記のページで解説している。 
   ↓
FLV・AACファイルをWMPで再生」 







 さあ,これで,準備は整った。さっそく使ってみよう!
   ↓
[2]使い方    [準備中]
posted by Fellini on 2009/03/10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動画ファイルの編集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。