再生に必要なコーデックを調べる[AVIcodec]



「AVIcodec」の使い方

「動画・音声ファイルをダウンロードしたが、再生できない!」なんて、日常よくありますね。これは、そのファイルを再生するためのコーデック(codec)がないということが原因となっている場合が多いようです。

 では、そんな時どうするのか?

   ↓ ↓

 そのファイルを再生するために必要なコーデックを調べインストールします。

   ↓ ↓

 でも、どう調べたらとか、そのコーデックはどこから持ってくるのとか・・・、困りますよね。

   ↓ ↓

 そこで、この「AVIcodec」の登場です!! ワーイ!


 AVIcodecは,動画・音声ファイルの再生に必要なコーデックを調べることができます。また、そのコーデックがインストールされているかどうかもチェックしてくれます。

 さらに、インストールされていない場合のダウンロード先も教えてくれます。

 また、すでにPCにインストール済みのコーデックの一覧も表示も可能です。

■対応フォーマット
AVI, DIVX, ASF,WMV, Real (rm, rmvb)
Ogg (ogg, ogm), Mpeg-(S)VCD-DVD (mpg, vob)
FLV
DirectShowで取り扱える全て(mp3など)


 では、その「ダウンロード」・「日本語化」、またその「使い方」をまとめてみましょう。


[手順1]「AVIcodec」のダウンロード

 こちらが、公式サイトです。

 ダウンロード → http://avicodec.duby.info/







  なんとなく、わかりにくいと感じる方には

ダウンロード
→ http://www.altech-ads.com/product/10000087.htm



[手順2]「AVIcodec」のインストール

 ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストールを開始する。




インストール先を指定する。




 これで一応、インストール完了です!




[手順3]「AVIcodec」の日本語化

 上記のままでも使えますが、やはり日本語化すると使いやすいですね。やってみましょう!

1.ダウンロード

 大事なのはその本体とバージョンを合わせることです!

 バージョン 1.2.0 b113

ダウンロード →
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se444432.html




2.解凍

 「AVIcodec120113.zip」ファイルを解凍する。








3.ファイルを移動

 本体「AVIcodec」のインストール先(AVIcodec.exeのある場所)に日本語化ファイル「AVIcodec120113.EXE」を移動(またはコピー)する。



4.日本語化実行

「AVIcodec120113.EXE」をダブルクリックする。




 変更前のファイルは「AVIcodec.exe.OLD」と言う名前で同フォルダに保存されます。



5.日本語に設定

 本体を起動後して、<Options>の「language」から[Japanese]を選択してください。







これで、日本語化完了です!




 さあ、使ってみましょう!

[使い方1]必要なコーデックを調べる

 本体を起動して、目的のファイルを<ドラッグ&ドロップ>する。



● サポートファイルの場合

 調べてくれた結果は以下のような感じになる!



なるほど・・・・・

コンテナ形式 :  AVI  (MP42+MP3).avi
動画コーデック: MS-MPEG4 v2 (MP42)
音声コーデック: MPEG Layer-3 (MP3)



細かい情報も分かる!




さらに、うれしいのは、このファイルを再生できるか、言い換えれば、必要ななコーデックがPCにインストールされているかが分かること!

動画コーデック: サポート
音声コーデック: サポート 

ということは、再生可能だということ、バンザイ〜!




● 未サポートファイルの場合




コンテナ形式 :  FLV  (H.263+MP3).flv
動画コーデック: H.263
音声コーデック: MPEG Layer-3 (MP3)






動画コーデック: 未サポート
音声コーデック: サポート 

 残念ながら、「H.263」には未対応ということで再生できない。



 こんな時、下記のボタンをクリックすると、コーデックのダウンロード先を教えてくれる。




そうすると、有名なコーデックパック「FFDShow」を紹介された。




次に、下記のような使い方がある!

[使い方2]インストール済みコーデックを調べる

 すでに、パソコンにインストールされている[ビデオ]・[オーディオ]・[DirectShow]・[DirectX Media]のコーデック一覧のリスト表示を表示してくれます。また、一覧のエクスポートも可能です。








* 次のやり方でも同様なことは可能だ!、

方法1

[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[システムツール]→[システム情報]→[コンポーネント]ツリー→[マルチメディア]→[ビデオ CODEC]

方法2

[コントロールパネル]→[サウンドとオーディオ デバイスのプロパティ]→[ハードウエア]タブ→[ビデオCODEC]→[プロパティ]


●●● まとめ ●●●

 下記のように、同じことができるソフトはある。そんな中でこの[AVIcodec]のいい点は「サポート」or「未サーポート」か教えてくれること。これは、分かりやすい!

関連記事・ソフト

Media Playerでavi動画が見られない
・「真空波動研SuperLite

・「CodecInstaller」
posted by Fellini on 2009/05/07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 音声動画コーデック(Codec)

解決!コーデックまとめてインストール「WECP」


 コーデックパックの新しい定番になる「WECP」

 Windows Essentials Codec Pack



 せっかく入手した動画・音声ファイルが再生できないと、がっかりしますね。その場合ほとんどが、コーデックに問題がであることが多いようです。ただ、そのインストールや管理においてもまたトラブルが生じます。やっかいですね。

例えば、・・・

・ダウンロードした動画が見れない。
・WMPでFLV・MP4を見たい。
・どのコーデックが必要か分からない。
・コーデックを見つからない。
・コーデックの競合が心配。
・コーデックのアンインストールできない。

 そんなトラブルを避けるのには、「 コーデックパック」を使う方法があります。ほとんどのファイルの再生に必要なコーデックを一括インスト−ルでき、その管理も簡単に楽になります。

 コーデックパックと言えば、「K-LiteCodecPack」や「CCCP」が有名ですが、最近、コーデックパックの新しい定番になるだろうと思われる「Windows Essentials Codec Pack(WECP)」の登場が話題となっています。

●サポートコーデック
(S)VCDs, XCDs, 3GP, AAC, AC3, APE, AVI, DivX, 3ivx, DAT, h.264, x264, Nero Digital, DTS, FLV, FLAC, HD-MOV, MPEG-1/2, M4A, MP3, MP4, MO3, MOD, MKV, OFR, TTA, OGG/OGM, S3M, Vorbis, VOB, XviD, XM, WV, UMX, Windows Media Player Classic, その他


 さっそく、使ってみましょう!

[手順1]「WECP」のダウンロード

 こちらが、公式サイトです。

 ダウンロード → http://www.mediacodec.org/



 このボタンをクリックして、ダウンロードのページに!



いろんなところからOKのようですが、
「Direct」をクリック。






[手順2]「WECP」のインストール


アイコン(ファイル)をダブルクリックする。



実行をクリックする。




「NEXT」をクリック。



「I Agree」をクリック。



インストール先を決定する。




「Done」をクリックし、最新バージョンに更新。




[注意]この時点で、なぜか添付ツールの「Microsoft AutoPlay Repair Wizard 」が起動する。とりあえず、「キャンセル」。




[手順3]「WECP」の中身を確認


・FFDShow(DirectShow Filter)
・Gabset(Splitte・ Filter)
・Haali(Matroska, MP4, AVI, OGG/OGM)
・WavPack(.wv .wvc 用 DirectShowフィルタ)
・MediaRepair(Microsoft AutoPlay Repair Wizard)
・mplayerc(シンプルな多機能なプレイヤー)
・uninst(アンインストール)
・WECPUpdate(アップデート−更新)
・Windows Essentials Media Codec Pack(本体サイト)


[手順4]「Media Player Classic」の起動


 これもシンプルで有名なプレヤー。これで、多くのフフォーマットのファイルを再生することができる!




[手順5]「WMP」に関連付け

 「Media Player Classic」でもいいが、やはりなじみの「Windows Media Player(WMP)」を使いたい方は、関連付けを変更する。これで、FLVファイルをクリックすれば、「WMP」が立ち上がり
再生される。必要なら、他のフォーマットも同様に関連付ける。






 これで、「YouTube」・「ニコニコ動画」のFLV・MP4ファイルを「WMP」で再生できる。

 これで、当初の目的はすべて満たしたことになる。

1.WMPでFLV・MP4を再生。
2.これのみでほとんどのファオーマットを再生可能。
3.他のコーデックのインストール不要。
4.そのためコーデック競合が心配がない。
5.アンインストールも簡単。
6.更新チェックもできる。



=================================


[手順6]付属のツール
 
付属ツールは下記のメニューのから起動できる

「スタート」→「すべてのプログラム」→「Essentials Codec Pack」→「Media Codec Update Service」

1.Media Codec Update Service

 このコーデックパック最大の特徴である自動更新チェックによるオートアップデート。






日本語化

以下、2〜3は、「ffdshow」のいろいろな設定用。必要がなければ、特に設定することなく使える。

実際に使用するときは、下記の要領でまず日本語化してから使う。
 (1)Tray,dialog&paths を選択
 (2)Language を ENglish から Japanease に変更

よく使う使用例

・使用しないコーデックを設定(libavcodec → 無効)
・さらに詳細な設定

2.Audio Decoder Configuration




3.Video Decoder Configuration





4.Video for Windows Configuration




以上 ・・・・・・・・・・・。
posted by Fellini on 2009/05/27 | TrackBack(0) | 音声動画コーデック(Codec)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。