iTunes によるMP3←→AAC変換

 面倒なこと?便利なこと?なのかもしれないが,パソコン等で扱える音楽ファイルのフォーマットはいろいろとある。何でそうなったかと言うと,音楽データはそのままではデータ量が大きいのでスリムにダイエット(圧縮)して使う必要があった。そのため,いろいろなダイエット方法(圧縮技術)が開発され,フォーマットは音楽を扱うツール・機器が増えるたびに増えていっている。
 よって,利用者はツールや機器を換える時には新しい環境に合うフォーマットに変換することが必要となる。これは,音楽フォーマットだけの話ではないけど。

 余計な話が長くなったが,[iTunes]を使ってフォーマットの相互変換をやてみよう。

MP3                   MP3
AAC                   AAC
WMA              →   Apple ロスレス・エンコーダ
Apple ロスレス・エンコーダ      WAV
WAV                   AIFF
AIFF


 要するにMP3 → AACAAC → MP3 と変換が可能である。ただ,注意しなくてはいけないのは,CD → MP3 → AAC と変換するよりは, CD → AAC の方が音が劣化しないということ。(ただ非圧縮の WAV,AFIF からの変換なら問題ない。)

[手順1]「iTunes」のライブラリィへの追加

 まず,楽曲を「iTunes」のライブラリィへの追加する。
 ドラッグ&ドロップのほうが簡単かもしれない。
 
iTunes_E_01.gif

この場合,「Golden Autumn Day」という曲が追加された

iTunes_E_02.gif

[手順2]フォーマット変換

 変換したいフォーマットを選択する。

 編集(E) → 設定(F) → 詳細

iTunes_E_03.gif

 楽曲をクリックし → 右クリック → 選択項目を AAC を変換

iTunes_E_04.gif

iTunes_E_05.gif

iTunes_E_06.gif

iTunes_E_07.gif

 ライブラリィには2曲表示される。
 変換元(MP3) 
   ↓
 変換後(AAC)

 右クリック−プロパティで確認できる。

iTunes_E_08.gif

 サイズが同じ。本当だろうか? 少し疑問?

 でも,変換OK!
posted by Fellini on 2007/01/08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ファイルの編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。