「AviUtl」で動画の編集(カット・結合)[1]


「AviUtl」のインストール

「AviUtl」で動画を編集

[1]「AviUtl」ダウンロード・インストール
 1.こんな場合に使う
 2.ダウンロード
 3.AviUtlでAVIファイルが読み込めない(状態)
 4.AviUtlでAVIファイルが読み込めない(確認
 5.プラグインを追加する(対策)
 6.コーデックを追加する

[2]使い方    [準備中]
[3]応用(1)  [準備中]
[4]応用(2)  [準備中]

 AviUtlは,動画ファイルの編集ができるツールです。自ら作成した動画やダウンロードした動画の一部分の「切り出し」や「カット」,動画と動画を「結合」したりすることが可能です。

 さらに,フィルタ機能により,「ノイズ除去」や「色調補正」等もOK。

 また,この「AviUtl」には多くのプラグインがあり,機能を拡張することができます。

 
AviUtlは名前の示すとおり<AVI>ファイル専用だが,上記のプラグインを使うことにより多くのファイルを編集できる。


こんな場合に使う!

 その一部を紹介すると・・・・

[編集]
・動画からCM部分(不必要な部分)をカット
・複数の動画の結合

[変更・補正]
・サイズの変更
・ノイズを除去
・クリッピング&リサイズ
・画質補正,色調補正
・音量の調整,最大化
・音ズレの補正

[合成・音声編集]
・動画と音声を合成
・動画に新たな音声の追加
・音声部分のみの取り出し

[変換]
・コーデックによるフォーマット変換
・ニコニコ動画投稿用動画の作成

[作業の簡易化]
・複数の処理Eを自動化できるバッチ処理(バッチ出力)
・設定を保存できるプロファイルの利用

起動するとこんな感じ

 シンプルだけど,脱いだらスゴイそうです?とにかく,フリーの動画編集ツールとして,かなり定評があり,多く使われているようです。





では,インストールしてみよう!


[手順1]「AviUtl」のダウンロード

下記のサイトでダウンロードする。

ダウンロード(作成者のサイト)  
   ↓
 AviUtlのお部屋









[手順2]「AviUtl」ファイルを解凍する



3つのファイルが出来る。フイルムのアイコンが本体。
これで,完了。

aviutl.exe : 本体
aviutl.txt : 説明(Readmeファイル)
aviutl.vfp : プロジェクトファイル・リーダー(プラグイン)




[手順3]「AviUtl」を起動する

 アイコンをダブル・クリックして起動する。



終了してみると



起動すると,3つのファイルが出来る!

aviutl.ini   : 設定保存ファイル
aviutl.sav   : 出力設定保存ファイル
デフォルト.cfg : プロファイル


[手順4]試しに「AviUtl」を使ってみる

1.テスト用動画AVIファイルを入手する。

 例えば,「Craving Explorer」で,YouTubeファイルをAVIに変換してダウンロードしてみた。

 この方法は<「Craving Explorer」で動画を一度に保存・変換[2]>を見てください!


2.「AviUtl」に動画ファイルを読み込む。

<ファイル → 開く> または,<ドラッグ&ドロップ> でファイルを読み込んでみると,・・・・



ファイルを読み込むことが出来ない!


3.「AVI」ファイルが読めない理由は?

 AVIファイルの中身を「真空波動研SuperLite」で調べてみると



 中身は AVI (MPEG4 V2 + MP3) と言うことがわかる。どうも,このAVIファイルは,このままでは読み込むことが出来ないようだ。

 このファイルを読み込むにはプラグインが必要らしい!


[手順5]プラグインを追加する!

 プラグインは,いろいろなタイプがあるが,この場合は「入力系」のものを選ぶ。要するに,文字どおりファイルを読み込むためのプラグイン。拡張子が「aui」となる。

 ここから,ダウンロードする!
   ↓
 「AviUtl実験室

 ここでは,いろいろなファイルを読むことが出来る「DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl」を使ってみる。

 ただし,「AviUtl実験室」でそれぞれファーマット専用のプラグインの使用をすすめている。






 解凍すると,下記のフォルダが現れる。



その中のファイル

ds_input.ini  : 設定保存ファイル
ds_input.aui  : プラグインファイル
読んでね.txt  : 説明(Readmeファイル)

この上記2つのファイルを,本体のプログラムフォルダに一緒に入れる。これで,プラグインの追加が完了。


「AviUtl」起動して,確かめてみる!



DirectShow File Reader プラグイン」が追加されているのが分かる。



 これで,いろいろなフォーマットのファアイルを読み込む準備が出来た。


[手順6]コーデックを追加する!

 上記のプラグインで,ファイルを読むこと出来たが,編集後,再圧縮する場合,コーデックが必要となる。

「ffdshow」や「CCCP」を インストールしておくと便利だ。

 FLV・AACファイルをWMPで再生出来るようにもなる「CCCP」のインストールは下記のページで解説している。 
   ↓
FLV・AACファイルをWMPで再生」 







 さあ,これで,準備は整った。さっそく使ってみよう!
   ↓
[2]使い方    [準備中]
posted by Fellini on 2009/03/10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動画ファイルの編集

サイバーリンク「PowerDVD 11」の機能

 今年7月から、テレビも本格的に「地デジ放送」に切り替わりました。もう、きれいなハイビジョン画質が普通になりました。こうなると、パソコンで見る画質もできるだけいい状態で見たいですね。

 そんな方に、『サイバーリンク PowerDVD 11』を紹介します。このソフトには、音楽・画像・動画を楽しむいろいろな機能があります。

 まず、このソフトではいろいろなメディアの再生が可能です。ブルーレイ & ブルーレイ 3DをはじめDVD、パソコンでもよく用いるMKV・FLV・MOV・3GPPなどの動画ファイル、BMP・JPG・JPS・MPO・PNGなどの画像 ファイル、さらにAC3・AOB・CDA・M3U・M4A・MID・MP2・MP3・RMI・WAV・WMAなどの音声ファイル形式まで、幅広く対応して います。
 
 また、市販・レンタル用DVDを拡大再生した際に発生するブロックノイズを低減してくれたり、ブラウザを使わずYouTube の画像を直接再生したり、スマートフォンを PowerDVD 11 のリモコンとして利用したり、便利な機能が多くあります。

 さあ、興味がある方は、「サイバーリンク PowerDVD」のサイトにおいてご自分でお確かめください!



サイバーリンク

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

posted by Fellini on 2011/10/17 | 動画ファイルの編集

動画編集「PowerDirector 10」

 これからの季節、年末年始から春に向けていろいろなイベントが目白押しですね。クリスマスやお正月、さらに卒業式や入学式など、楽しいイベントや大事な 行事はビデオに撮ってみんなと観たり、生涯の思い出として残しておく人も多いと思います。そんな時、そのまま残しておくよりも、きちっと編集した方がより 楽しく観ることができます。

 編集するなら、3D 動画編集に対応 ! かんたん & 快速 HD 動画編集ソフト、サイバーリンク「PowerDirector」を試してみてください。

 サイバーリンク「PowerDirector」にはいろいろ便利で簡単に使える機能がたくさんあります。トランジションや各種エフェクトを配置できる <さまざまなHD編集ツール>や手ブレ、彩度、ノイズ除去などの<ワンクリック補正>、また最新の3D動画形式の編集にも対応しています。さらに、ステキ な動画ができたら、YouTube、ニコニコ動画などに最適な動画形式に変換してアップロードすることもOK。これらが快適な編集を支える動画処理エンジ ンにより、スムーズに行えます。

 さあ、動画編集に興味がある方は、サイバーリンク「PowerDirector」のサイトにおいてご自分でお確かめください・・・・。

 楽しいイベントはしっかり動画で残しましょう!



サイバーリンク

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

posted by Fellini on 2011/12/22 | 動画ファイルの編集

動画編集・修正・変換ソフト「ムービーフィックス」

 パソコンで動画を見ることが多くなりました。そして、気に入った動画はダウンロードして、何回も見たくなります。しかし、せっかくダウンロードした動画に問題があると悲しいですね。

 そのトラブルのひとつに「音ずれ」があります。これは、ハードウェアの能力不足やとハードウェア・ソフトウェアの仕様の問題に原因がある場合が多いようです。

 一度見るだけならいいですけど、好きな動画も「音ずれ」のまま、くり返し見るのはだんだん苦痛になってきます。なんとかしたいですね。

 動画編集・修正・変換ソフト「ムービーフィックス」というソフトがあります。

「音ずれ」を修正するその操作は簡単です。

1.ファイル追加ボタンをより補正したい動画を選択。
2.音ずれ修正ボタンを押す。

これだけで、音ずれを自動で補正してくれます。

 また、「音ずれ」だけでなく、不要な「CMカット」も出来ます。プレビューを見ながら操作が可能で、編集テーブルに追加して「CMカットの実行」ボタンを押すだけで不要部分をカットした動画が完成します。

 さらに、次のような機能も便利です。

・ミラー回転(左右反対)
・動画の音量(ボリューム)編集
・複数の動画を結合

 ミラー回転はダンスの練習などに使えて便利。動画を結合は異なる形式の拡張子の動画でもまとめて結合できるのはスゴイですね。

 対応しているファイル形式は、< .wmv, .asf, .flv, .mpeg, .mpeg2 >から、iPodで視聴可能な< .mp4 >、さらに携帯で使える< .avi, .3gp, .vob, .mov >もOKな動画編集ソフトです。

 動画でいろいろ楽しみたい人は、持っていると便利なツールですね。興味がある方は、「ムービーフィックス」のサイトにおいてご自分でお確かめください!






posted by Fellini on 2012/01/24 | 動画ファイルの編集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。